考えるヒント 人間はバイアスの生き物

(1)夫婦の平和な日常会話

バイアス(Bias)とは、先入観、傾向、偏見、偏り、間違い、誤解、誤信、過信など、ありとあらゆる方向と種類で心の中を駆け巡る。心理学の中では、ありとあらゆる行動にバイアスが規定提示されていて、それはそれは面白い。

 人間の心理学の谷間の日陰に咲く様々な花のように、色々なバイアスがある。政治家の議論、外交も国際関係も、すべて何かのバイアスに関係しているのではないだろうか。

私はしばらく前から、バイアスに関心を持ち、それらを集めるだけでなく、バイアスの新種を探し求める、バイアスハンターになろうと考えた。

な、何と、ヨメサンこそ、未知のバイアスの穴場だと分かった時、私はその事実を、こと細かく、ノートに書きとめることができた。いくつかのバイアスの新種を見つけたと、私が言っても、心理学者の先生は、「そんなの、~バイアスの一種だね」との一言だろうが、気にしないでおこう。

 ヨメサンに頼まれて、友人から借りてきた本『タイトルA』をヨメサンに手渡した後、半年が過ぎた。

 私はヨメサンに、「ほら、あの本『タイトルA』を返さなきゃいけないから、渡してよ」と言うと、

「なに言ってるのよ。あなたに渡したじゃない」と言った。

「おい、おい、もらっていませんよ」と言い返すと、

「私の記憶では、あなたに『ほらっと、渡したわよ。あなたが覚えていないだけよ』と、声が1.5オクターブ、10デシベル上がった。

「大きな声を出すなよ」

「出しているのは、あなたよ」

「自分の部屋を探したの」と食い下がったら、

「あなたと違って、私は何度も、自分の部屋を片付けましたよ」

「じゃ、もう一度探そうよ」

「私は自分の記憶に自信があるの。あなたと違って」

「覚えていない」

「あなたに渡した記憶があるのよ」

「……」

「あなたの部屋を探しなさいよ。私の部屋は、『探す』のではなく、『片付け』なのよ。あなたと違うのよ。絶対に私の部屋にありません。あなたは今まで何度も、ものを忘れてしまったじゃない」

「(クソー)どうでも良いから、もう一度自分の部屋を探せよ」

「あの本ね、あの後、あなたが返しに行くってあの時、言ったから、渡したのよ」と、3オクターブ、20デシベル大きく、叫んで、私の血圧にも影響が出ると予想された。

「言ってないよ。もう一度だけ自分の部屋を探せ」と逃げた。

「探しません。探しても無駄よ。あなたが探すのよ」

 よほど、強行突破して、探しにヨメサンの部屋に押しかけようとしたが、そうなると、結末は明日の食事に影響が出るかもしれない。なにせメニューの決定権はヨメサンだ。本の捜索で、ここまで、細かく言われると、自分の部屋も、もう一度探した方が良いかなとも、心で思った。

「あの本に挟まっていたカードかなんかをあなたが持っていったじゃない」

仕方がなしに、

「もう一度、自分の部屋を探すんだぞ。私も私の部屋を探すから」と捨て台詞。ピシャと言って、自分の部屋に戻り、上から下まで、棚から棚まで、夜のゴールデン研究タイムを費やして約2時間探しまわった。無かった。

ヨメサンから、携帯電話(家族通話で無料です!)が掛かってきた。

「有ったわよ」と冷静に言う。

「どこに」

「私の部屋に」とケロッとして言う。

「お前なあ、罵詈雑言の数々。責任を取れ」

「はいはい」

「『はいはい』て、なんじゃ」

2)バイアスの分析

本件にヨメサンのバイアスを見つけた。

私「ほら、あの本『タイトルA』を返さなきゃいけないから、渡してよ」と言うと、

ヨ(ヨメサンのこと)「なに言ってるのよ。あなたに手渡したじゃない」←創造的信念バイアスCreative Belief Bias、(自分の望む方向での話を創造的に作り上げるバイアス)で、私が決めた新種。

私「おい、おい、もらっていませんよ」と言い返すと、

ヨ「私の記憶では、あなたに『ほらっ』と、渡したわよ。あなたが覚えていないだけよ」←創造的信念バイアス(前出)

私「大きな声を出すなよ」

ヨ「出しているのは、あなたよ」←超自我“Super Ego”(同じクレームで突っ返す)

私「自分の部屋を探したのか?」と食い下がったら、

ヨ「あなたと違って、私は何度も、自分の部屋を片付けましたよ。ありません

←信念バイアス“Belief Bias”

私「じゃ、もう一度探そうよ」

ヨ「私は自分の記憶に自信があるの。あなたと違って」

←バイアスの盲点Bias Blind Spat(自分は、偏見が少ないと考えるバイアス)

私「覚えていない」

ヨ「あなたに渡した記憶があるのよ」

私「……」

ヨ「自分の部屋を探しなさいよ。私の部屋は、『探す』のではなく、『片付け』なのよ。あなたと違うのよ。絶対に私の部屋にありません」

←ブーメラン効果”Boomerang Effect”(言えば言うほど強くなる)

ヨ「あなたは今まで何度も、忘れてしまったじゃない」

←配偶者反発バイアス“Spouse Repulsion Bias”(配偶者の言うことは何でも反発するバイアス『樋口考案』)

私「(クソー)どうでも良いから、もう一度自分の部屋を探せよ」

ヨ「あの本ね、あの時、あなたが返しに行くって言ったから、渡したのよ」

←前後即因果の誤謬“Post Hoc fallacy”(Xが起こって、Yが生じたと、勝手に言う)、←認知バイアス“Empathy Gap”(怒っている時は、考えることができない傾向)←累進的創造的信念バイアスProgressive Creative Belief Bias(どんどん、自分の誤謬を固める誤謬を重ねるバイアス)

私「言ってないよ。もう一度だけ自分の部屋を探せ」

ヨ「探しません。探しても無駄よ。あなたが探すのよ」

←心理の錯誤効果“Illusory Truth Effect”(嘘も100回付けば、本当になる)

←感情バイアス“Emotional Bias”(自己中心で、好ましくない事実を受け入れない)

←直接立証バイアス“Congruence bias”(自分の仮説を立証することに集中して、他に聞く耳を持たない)

←後悔回避性“Regret Aversion”(後悔を回避するバイアス)

ヨ「あの本に挟まっていたカードかなんかをあなたが持っていったじゃない」

←システム完成型創造的バイアス“Systematic Creative Bias”(自分の信じていることの全体システムを組み立てていくバイアス。『樋口考案』)

考えるヒント

(1)自分が持っているバイアスはどのようなものがあるかを考えてみよう

(2)様々なバイアスを研究して、新種のバイアスを探そう。まだまだありそう。

注:(1)様々なバイアスの定義で、上記の一部には、多少はっきりとしない定義のものが含まれている可能性があります。多少こじつけです。それらは修正する可能性があります。

(2)ここでヨメサンとして出場しているのは、単に名前を借りたところがあります。ヨメサンの一部にこのようなバイアスが含まれている可能性はありますが、いくらなんでも、ここまで「バイアスの百貨店」のようなことはありません(か?)。

0 like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です