考えるヒント 英語の字幕

 ヨメサンと夕食を一緒に食べるのが、8時ころ。まずは7時の録画されたニュースをスキップしながら見る。30分のニュースを、加速再生しながら、関心のあるものだけに絞って、繰り返されるニュース、意味のない内容、ワンパターンのもの、見たくない話をどんどん飛ばして見終わると、約10分。

 その後は、今まで自動録画してきた数百本の映画から面白いものはないかと探す。暴力もの、殺人、破壊は、ヨメサンの検閲に通らない。「食事の時、暴力映画なんか見たくない」と言い切られると、食事を料理してもらっている立場だと弱い。

 タイトルを注視して、なるべくコメディ、ファンタジー、ラブストーリーなどを掛けて、事なきを得ようとする。心が優しい私はヨメサンの横顔を見ながら、映画を見ていると、ヨメサンが一言、

「どうして日本語なのよ」と言う。アメリカ映画でアメリカ人が日本語を話している。吹き替えモードだ。

「そうだな」と、私は慌ててリモコンの、「言語」「字幕」を探して調整し言語=英語、字幕=日本語に切り替える。更に、我が家のリモコンでは、別のボタンで「字幕あり」「なし」を切り替えるようになっている。

 ヨメサンは、中学の時からNHKのラジオ英会話で育ったので、英語耳を持っている。私とは比べ物にならないヒアリングの能力だ。悔しいが、もうこれは対抗不可能だ。

 とは言っても、私だって、字幕が英語なら、会話の英語に追いつける。ところが、「午後エンタ、午後ロード」とか、「金曜ロード」とか、「サタシネ」などには、字幕では、英語の字幕が無いのだ。今まで何度も、リモコンで悪戦苦闘をして、英語の字幕を探そうとしてきたが、出ない。

 レンタルの映画のDVDの場合は、ちゃんと英語の字幕が出る。だから知らない単語が字幕に出ると、一端休止ボタンを押して、傍に置いている電子辞書で引いて、ノートに書きとめていたこともある。テレビでは周波数の帯域のことか、電波に乗せる情報量が違うのか英語の字幕が出ない。

私のリモコンの操作が間違っているか、我が家のテレビの能力が欠けていて、英語の字幕が出るならこのエッセイは、全部私のお詫びに変えるが、どう考えてもテレビ局で英語の字幕を出さないようにしているのだと思う。

 なぜか知らないが、テレビ会社が、映画の放映権で、そのようなテレビ上演の契約をしているのかもしれない。あるいは技術的な問題もあるかもしれない。テレビ会社の手間がかかるのかもしれない。

ただ、英語が話されている映画で、英語の字幕が出るのは、素晴らしい英語の勉強となる。もちろん話されている会話の理解だけではなく、英語の単語のスペル、文体まで面白い。

 私のようにネイティブのように会話は理解はできないが、会話の下にその英語が書かれていると、すごく心強く理解できる。素晴らしい教材なのだ。日本全国で考えると、アメリカ映画を英語で聞いて、画面の英語の字幕で学べる人は学生にせよ、社会人にせよ、非常に需要が多いはずだ。

 素晴らしい英語を聞ける映画もある。そんな時に早送り、早戻し、そして英語の字幕、英語会話の話されている環境の理解。これほど素晴らしい総合的英語自主学習は他にない。

 レンタルDVDの映画の場合は、時々、最初は日本語字幕で見て、2回目は英語字幕に切り替えて、3度目は字幕無しにしてみていたことがあった。コスパが良かった。通常DVD映画は一度しか見られないという。

 テレビ会社や映画の放映権の会社は、故意に、日本人の(私の)英語の能力を上げないように、わざと意地悪しているのだろうか、あるいは映画会社は、言語英語―字幕英語で何か損をすることがあるのだろうか、理解できない。日本人の英語能力を向上させるために、英語―英語・日本語でも放送して欲しい。

 アマゾンのプライムビデオも英語の字幕が出ない。

私の場合、「英国王のスピーチ」の演説、「ア・フュー・グッドメン」などは、オバマ大統領の広島演説と一緒に、字幕英語で何度も見て暗記したいと思っている。英単語と面白い言い回しの専用ノートを作ろう。

考えるヒント

(1)英語の会話の勉強になる素晴らしい映画は?

(2)生の声の好きな欧米人の俳優は?

(3)あなたの好きな英語の言い回しは? (私が好きなのは“It’s on me.”だ。ワシントン近くの友人の牧場に泊っていて、お礼に友人夫婦をレストランの食事に誘った。「今日は、私のおごりです」と、言ったら、友人夫婦が、“素晴らしい言葉だ”と誉めてくれた)

PS.今のアメリカのコロナの様子をみていたら、いつ再びアメリカを訪問できるのか分からないのが本当に残念だ。毎年一回は、学会か、友人たちを訪問することにしていたのに…。

0 like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です