考えるヒント アイデアマラソン哲学 1 はじめに

アイデアマラソンを開始した途端から、あなたはあなたの哲学を開始している。

アイデアマラソンを開始した当時から、アイデアマラソンは哲学だと考えてきた。

アイデアマラソンは毎日考え、毎日書き留める生活のスタイルであり、行動である。アイデアマラソンを長期間実行していれば、自主的に創造性を高め、集中思考力、継続力を付ける。自分の人生を変革し、思考の自信を持つ。人を動かし、周りや他人と直接、あるいはネットを通じて協議し、発想を実現実行していく。アイデアマラソン哲学で、自分や社会の未来に向かってより力強く進むことができる。

アイデアマラソン哲学によって、記録する内容の自由、多様な発想の記録を活用して個人的発展を目指していく。個人として誰もが、色々な課題や、問題をたくさん持っている。それらは一つ一つ自分で知恵を出し、解決していく以外に方法はない。簡単なものも、難しいものもある。

社会も世界も、様々な複雑な問題に溢れている。国際的な貧富の差、国内の貧富の差、環境問題、異常気象、海洋汚染、大気汚染、飲用水の不足、食料の不足、保護主義、国家主義、政治体制の違い、宗教、民族間の対立など、問題が多すぎて、どれから着手すればよいのか分からないほどだ。

解決には、個人的発想だけでなく、グループや国際協力は欠かせない。解決するべき内容の分析や解決方法の広範な研究が必要となる。多くの発想が必要となり、議論されることになる。

時には天才的発想が必要となる。人類の発展は天才の出現によって支えられてきている。天才は天賦の才能か、遺伝か、教育か、あるいは社会が生み出したか、明確ではないが、天才的才能を持っていても本人も、周りも気が付かなかった例も多かったのではないだろうか。数百年前までは、才能を持っていても教育の機会を与えられなかった人も、現在では基礎的教育を受けている。それらの人々が思考したものを書き留め始め、継続して思考・書き留めを続ければ、天才はきっとその才能のほとばしりの緒端を見せてしまうのではないか。その天才候補の書いたノートを周りが見て、「これはすごい!」と驚き、その人が天才ではないかと気が付くこともあるのでは。このような希望的仮説を持っている。アイデアマラソン哲学は天才発見装置にもなるかもしれない。

地球的な諸問題を解決するためには、個人の発想だけでは、確かにあまりに非弱すぎるかもしれない。しかし、どんな発想も初めは個人が考えてノートに書き留めることから始まっている。それを全員が共有するというのが、極端なアイデアマラソン哲学の理想である。理論的には、世界の人口の数の思考の対角線が引けるはずだ。

このようにアイデアマラソン哲学では、個人が考えてノートに書き留め、蓄積することから始まる。多数の個人がそれぞれアイデアマラソンを実践し、周りに働きかけていく。アイデアマラソンでは、最終的に全世界の人々に発想が拡がっていくことを想定している。そのためのインターネットであろう。まさにインターネット時代に期待された哲学が、アイデアマラソン哲学である。

正式には、「できるだけ絵を加える」、「まわりと相談する」とか、「蓄積された発想の中で最適・最善のものを実行・実現する」などがあるが、「毎日、何かを考えて、ノートに書き続ける」というのが最も重要な中心のコンセプトになる。

既存のスカラーからは、哲学の定義を要求されるかもしれない。哲学とは思考の集中であり、それを可視化したものが書き留められた思考である。この時、思考は種類を問わない。アイデアマラソン哲学は、思考の集中の具体的手段である。

アイデアマラソン哲学については、できるだけ詳しく説明するが、何と言っても読者自身に開始してもらいたい。思考の集中が可能になるまでには、人によるが時間がかかるものた。アイデアマラソン哲学を通して、読者に読者自身の哲学を身に付けて欲しいのだ。

アイデアマラソン開始後初期のころの不安定な継続を支援するために、各章にて、思考のポイントを加えた。その設問の一つ一つを考えながら、読み進めていただくと、アイデアマラソンの習得が楽になるだろう。

 アイデアマラソン哲学を三日坊主で終わらせないために、必要なことはやる気、すなわちモチベーションである。

発想のポイント 

考えるヒント  

(1)この本を読み始めた時点で、あなたの既存の「哲学」に対する印象と気持ちを漢字で書き表そう。1字でも良い。熟語でも構わない。

(2)自分やまわりの人の人生に役に立つ実用的哲学をあなたはどう思うか?そんな実利的なことに囚われないで、純粋に理念と理論を追及する哲学を好むか?

お願い:アイデアマラソン哲学に賛同されるなら、いいねのボタンを押してください。コメントでも構いません。

1 like

考えるヒント アイデアマラソン哲学 1 はじめに」への2件のフィードバック

  1. 塾長 返信

    マラソン1ヶ月達成しました。
    自分の頭のなかにこんなことが入ってたの?みたいな発見があって楽しんでおります。

  2. HiguchiTakeo 投稿者返信

    その発見は、素晴らしいと思います。 

    新たな発見は、今後も続いていきます。それがさまざまな可能性を大きくしていきます。継続あるのみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です